松岡さんを訪ねて

昨日、10日は神戸拘置所へいった。名誉毀損で勾留中の鹿砦社社長、松岡さんの「接見」で拘置所を訪れたわけだ。六甲山のトンネルを三ノ宮側からくぐると、「しあわせの村」という看板が出てくるが、その「しあわせの村」近辺に、神戸拘置所がある。なんとも皮肉なロケーションだ。大阪拘置所は都島の便利なところにあるが、神戸は山の中で、面会に行くにも車がなければ一日仕事だ。
受付で、住所、名前、続柄などを記入し、待合所で待つ。
差し入れ口があり、売店でお菓子やカップヌードル、みかん、パンツの紐まで売っている。松岡氏は糖尿病の疑いがあり、ドクターストップがかかっているので、お菓子は買えない。UCCカップコーヒーなら4カップまでOKとのことで、コーヒーを差し入れする。
待つこと20分、接見室で松岡さんと接見。
ここでなぜ、松岡氏が「名誉毀損」で拘留されたか、について、「うずみ火」に書いた原稿を、ここに引用する。
2005年7月12日、神戸地検が「名誉毀損」容疑で、とある出版者の社長を逮捕した。
逮捕されたのは鹿砦社の松岡利康社長。阪神タイガース球団職員と、パチスロメーカー「アルゼ」の取締役の名誉を傷つけた、という容疑だ。確かに鹿砦社の松岡氏といえば、「宝塚追っかけマップ」や「紙の爆弾」などで有名人のスキャンダルを暴いてきた人物ではある。民事裁判で名誉毀損が認められ、高額の賠償金を出版社が支払う、というのはよくある話だ。しかし「名誉毀損だけ」で刑事告発し、身柄ごと拘留するとは…。松岡氏の拘留はなんと90日を越え、10月17日、神戸地裁で初公判が行われた。

「私への逮捕拘留は憲法21条で認められた言論の自由の弾圧であります。私の逮捕、長期間の拘留によって、鹿砦社は倒産してしまいました。もし裁判所が憲法の番人であるならば、ぜひ公正に審査していただきたい。もし裁判所が人権の砦なら、私を即刻釈放すべきだと、判断していただきたい。何のための逮捕、そして長期拘留なのか。この逮捕は私への見せしめ、嫌がらせとしか考えられない。私は今、鉄の鎖につながれているが、失うものはもう鉄鎖しかない。本件起訴の不当性を訴えて、血の一滴、涙の一滴が枯れるまで闘いたい」。神戸地裁101号法廷に「被告人」松岡氏の訴えが響く。羽織ったジャンパーの背中には「大逆転」の3文字。傍聴席から「がんばれ!松岡!」の野次が飛ぶ。
検事が罪状を読み上げる。…被告人松岡は、自身の発行する雑誌において、アルゼのO取締役が愛人を囲っていた、O取締役はセクハラを繰り返していた、などのプライバシーを、不特定多数の人間に知らしめ…。ちょっと待った!年商数十億の巨大パチスロメーカー、アルゼの代表取締役であるなら、半ば「公人」である。その人物のスキャンダルが事実無根というのなら、民事で争うべきであるし、なぜ検察がノコノコと出てきて、身柄ごとしょっ引いていくのだ?松岡氏の言うように「警察キャリア出身の元参議院議員を社長にいただき、元検事を顧問弁護士とする社会的犯罪企業アルゼ」の意向が働いたのではないのか。
総選挙の自民党圧勝を受けて、憲法改悪、共謀罪などが審議されている。松岡氏のスキャンダル暴露路線に異論のある方は多いだろう。しかし、「名誉毀損」で3ヶ月以上も拘置し、ひいては彼の会社を倒産に追い込むというのは、「言論弾圧」に他ならないと思う。「うずみ火」も反戦反差別を貫く新聞である。つまり権力者とは対峙する場面が多々出てくる事だろう。この裁判で負けてしまうと、「明日はわが身」である。

以上が、「うずみ火」に書いた内容であるが、その後も松岡さんは保釈されず、拘留され続け、下手すれば正月も拘置所で迎えることになる。
「独房で5ヶ月を過ごしました。外へ出るのは1週間に3日。散歩というよりは『日向ぼっこ』やね(笑)。シャバに出たら、闘うよ。鹿砦社はつぶれてしまったけれど、倉庫があるので、そこを事務所にしてペンで権力と闘いたい。12月19日の公判が終わって保釈されなければ、越年やね。手紙も一日に2通しかかけない。接見も一日に2回だけ。今日はよく来てくれたね」と松岡さん。そんな話をしているうちに、看守が「10分が過ぎました」。接見終了である。
小泉自民党の圧勝を受け、今、憲法が改悪されようとしている。9条が改悪される事は何としても阻止しなければならないが、同時に怖いのは、思想信条の自由、集会結社の自由、検閲の禁止、などの条項が、変えられようとしていることではないか。
百歩譲って、松岡さんの名誉毀損が有罪で、(名誉毀損された)当事者にとっては耐えられなかった、松岡さんが、非常に不快な思いを、当事者に与えてしまったとしよう。でも、それは「民事で」争うべきことだろう。なぜ身柄を5ヶ月も勾留するのか。これは人権問題ではないのか。
国家権力・・・。拘置所を訪れて、この国家権力の恐ろしさを垣間見た。マスメディアは松岡さんの事件をあまり報道していない。松岡さんが捕まって、次に、門真市会議員の戸田議員が家宅捜査を受けた。
戸田議員の件については、まだ私は詳細を把握していない。がしかし、彼はイラク戦争反対、9条守れで、目立った議員だった。政治資金規正法違反とのことなので、松岡氏とは若干違うかもしれないが、何か、目に見えない恐ろしさ、を感じる。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 松岡さんを訪ねて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/117

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2005年11月11日 12:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どこが「自立支援」?」です。

次のブログ記事は「アンマンの自爆テロ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01