内戦に導いているのはアメリカ!

昨日、「サマッラのモスク爆破から、イラクは内戦の危機」と書いたが、現地の状況が良く分かるメールを紹介する。このメールは友人のイサームが2月24日に送ってくれたもの。

2月24日メール到着
イサームより
Hi friends
Im sorry to say that but Iraqi sitiuation became very scary now and there is curfew 8:00am----- 4:00pm
and from 8:00pm ------5:00ameverday and for three days till now .
and below is the staory and this story will exiplain to you why that happened .
P.S
next story will be about crimes in Iraq /part 2
友人たちよ。
残念ながら、イラクの状況は大変恐ろしく、現在は朝8時から夕方4時まで外出禁止令が出ている。そして夜8時から明け方5時まで、また禁止だ。本日まで3日間続いている。そして以下はなぜ外出禁止令が敷かれたか、についての説明である。


Civil war was on the gates
内戦がそこまで
In 22nd of Feb 2006 morning some of armedmen
attacked Ali Al-Hadi mosque in Samarra (north Baghdad 150 km),they attacked the guards and destroyed the big dome on the mosque and there are two Imams buried there (Ali Al-Hadi & hasan Al Askari)and they are holy Imams for Muslims and specially for Shia and this attack made big noise and after that shia go down to the street and demonstrated in many of Iraqi cities and they were very ungry and they (shia)start attack sunni mosques and killed some of Sunni shaikhs (Imams) .
Mr Tarik Al Hashimi (head of Islamic party )sunni party )said: in 22nd of Feb 100 Sunni mosque attacked in deferent Iraqi places and some of them occupied by shia and they burn others.and also they (shia)attacked Islamic party building in Basra .
Al-Sistani and Muqtada Al-Sadr (the most important shia Imams in Iraq) asked the shia in Iraq to be quite and also said its not allow to any shia to attack Sunni mosque ,and about Ali Al-Hadi mosque attack ,Al-Sadr charge occupation forces and Al Zarqawi group in this attack .
06年2月22日朝、武装グループがサマッラのアリ・アルハディモスクを攻撃した。彼らは警備員を攻撃し、モスクの巨大なドームを破壊した。そこは2人のイマームが埋葬されている。アリ・アルハディとハッサン・アルアスカリだ。彼らは神聖なムスリム、特にシーア派のイマームである。大爆発音とともに攻撃が行われたが、その後、シーア派の人々は通りに出て大規模な抗議デモをイラク各市で行った。彼らは怒りにつつまれて、スンニ派のモスクを攻撃し始めた。そしてスンニのシェイク(聖職者のことか?)を殺し始めた。タリク・アルハシーミ、スンニ派のイスラム党の代表者は、「100のスンニ派のモスクがやられた。いくつかはシーア派に占拠されている。いくつかは焼き払われた。バスラのイスラム党のビルも攻撃された。シスターニとモクタダサダルはシーアの人々に対して「落ち着くように」「スンニ派のモスクを攻撃してはならない」と言っている。サダルは、アリアルハディモスクの攻撃について、アメリカ占領軍とザルカウィグループの関与を示唆している。

Adnan Al-Dulaimi and Ahmad al-Samarra'e (the important Sunni leader) condemn these attacks on Ali Al-Hadi mosque in Samarra and also the attacks on other Sunni mosques and Al-Dulaimi asked Iraqi people to be quite because occupation forces want us to fight between each other (as he said).

After one the demo in Baghdad city center in 22nd of Feb i interview two of shia people and first one was.
アドナンアルドゥライニとアハマドアルサマーラは、このモスクに対する攻撃と、スンニ派のモスクに対する攻撃を非難している。アルドゥライニはイラク人に落ち着くように諭した後、占領軍が私たちをお互いに憎しみ会うように仕向けているのだ、と言った。バグダッドのデモの後、シーア派のデモ参加者にインタビューした
Mr.Haider Hasan (shia)37 years old ,he work in ministry of oil and he said:
We are (mean shia) very angry today because some of terrorists attacked one of most important holy mosque for us and in this demo we ask Iraqi government to protect our mosques and Imams who buried in side the mosques,
we vote for Al Ja'afari government in last election and they should take there responsibilities to protect at less our holy Imams graves.
ハイダー・ハサンは37歳だ。彼は石油省で働いている。「我々シーア派は、もっとも神聖なモスクを破壊されてとても怒っている。デモ隊が求めたのは、イラク政府がちゃんと私たちのモスクを守るように、それと埋葬されているイマームを守るように訴えた。
私たちは先の選挙でジャファリに投票した。彼らは神聖な場所を警備する責任を負うべきだ。

--Who did these attack ?
I think ,there were from Ba'ath party(saddam party) because when they lost there control on Iraq they want to destroy it by making civil war between Sunni and shia.

--Who attack Sunni mosques?
At first ,I’m against that (he said) and i think they were some of not education shia people and couldn't control on there feelings and they start attack Sunni mosques and i would like to ask them to stop that because we don’t want this problem to be big and big.
「誰が攻撃したのか?」
彼らはバース党だと思う。彼らは支配権を失って、スンニとシーアの内戦を望んでいるのだ。
「誰が(報復で)スンニ派のモスクを攻撃しているのか?」
最初はあまり教育を受けていないシーア派の人々だったと思う。彼らは感情をコントロールできなくなり、スンニ派のモスクを攻撃したのだ。しかし私は止めるように言いたい。私たちは問題が大きくなるのを望んでいない。

22nd interview was with Mr. Abd Ali (shia),42 years old and he organized this demo and he said:
I organized this peace demo to send massage saying we have peace way to protesting against this bombing in Samarra but other shia people brought there guns and so difficult to control on their anger feelings (he said).

Who did that attack in samarra?

I think occupation forces and the people who were in ba'ath patry because both want to destroy Iraq from inside , and also our Iraqi government have big responsibilities in that attack because they didn’t protect the mosque well .
2番目はアブドアリ42歳だ。彼はこのデモの組織者だ。
「私はこの平和デモを組織した。サマッラのモスク破壊に対する抗議を平和的方法で行った。しかしシーア派の一部の人々は銃を持って参加した。彼らの感情をコントロールするのは難しかった。
誰がサマッラのモスクを攻撃したと思うか?
「占領軍とバース党の人間だと思う。彼らは双方とも、イラクを内側から壊したいのだ。そしてイラク政府にも大きな責任がある。彼らはモスクを警護しなかったのだ。

And we interview other two Sunni persons and first one was ,Mr.Omar Hamid 30 years old ,member of Islamic party .
(Omar) We feel sorry for the attacks on Samarra and other Sunni mosques and in the same time we feel very sorry for what happened for some of shia people in Iraq and how there reaction was bad when they heard about Samarra attack directly they go and attacked many Sunni mosques ,and i blame our prime minister Ibrahim Al-Ja'afari when he said to shia people (don’t attack Sunni mosques)that mean he charge Sunni people before he make sure ,and i think it was better for him to say (Iraqi government will open investigation about this attack in Samarra and we will punish the accused).
そして私たちは他の2人のスンニ派をインタビューした。オマールハーミド30歳。彼はイスラム党のメンバー。
サマッラのモスク破壊はとても残念だ。と同時に、シーア派の人々がイラクで行った事も残念だ。サマッラのモスク襲撃を聞いてすぐさま、彼らはスンニ派のモスクを破壊した。ジャファリ首相が非難されるべきだ。彼はシーアの人々に「スンニ派のモスクを攻撃するな」と言う一方で、スンニ派の犯行とは確定していないのにスンニ派を非難したのだ。「イラク政府はこの攻撃について調査している。後で攻められるべき人々を明らかにする」と言うべきだったと思う。

--Who did this attack in Samarra?

Occupation forces and who cooperated with them because occupation forces want to make Iraqi people busy with civil war and that will make it easier for them (occupation forces)to do there plans in Iraq .
and im sure the persons who do this attack in Samarra have permission to move in Samarra because it was curfew in samarra at that time .

-Who attacked Sunni mosques?

Really I’m sorry to say that ,some shia militia (Al-Mahdi militia)did that and they don’t know how much they help the occupation forces to do there plans in Iraq to make civil war in these kinds of attacks
誰がサマッラを攻撃したのか?
占領軍とその協力者だ。彼らはイラク人にゆっくり考えさせる時間を与えたくない。内戦を引き起こしたいのだ。犯人たちは外出禁止令の中で、移動する許可を得ている。あの時、サマッラは戒厳令下だった。
誰がスンニモスクを攻撃したのか?
残念だが、アル・マーディーの民兵だ。彼らはこのことで、いかにアメリカの占領軍を助けているか、分かっていない。

22nd interview was with Mr.. Alaa Ahmed , 32 years old , free work and he said :
I would like to say to shia ,Ali Al Hadi mosque is Sunni mosque and the two holy Imams ( Ali Al Hadi & Hasan Al Askari) were for both Sunni & shia that mean we are angry about that bomb like shia .and now we became angry more because of attacking in our Sunni mosques , but we respect our shaikhes when they asked us to be quite , and also I can't imagine I can fight with other Iraqis and ¥ hope that will never happen .
2番目はアラーアハメド32歳。失業中。
アリ・アルハディモスクは、スンニ派のモスクでもあり、2人のイマームは、シーアとスンニ両方の聖職者である。だから私たちは大変怒った。今やその怒りはさらに燃え上がった。スンニモスクが破壊されたからだ。しかし聖職者が「落ち着くように」と言っている。私はイラク人同士が争うのは望まない。

--who did the bomb in Ali Al Hadi mosque ?

I think the criminals who bombed in Ali Al Hadi mosgue were the same criminals who attacked Sunni mosques .
I saw one of attacks on Sunni mosque (Alaa said) it happened in front of me on Al- Quds mosque in Al Baladiyat area east Baghdad, I saw many land grousers cars came to Al- Quds mosque and they opened fire towards the mosque and when i saw them I became sure they got training before because they know what they do very well.

--Your hopes to Iraq and your massage to Iraqi shia people?
I hope Iraq will pass this problem in safe and i hope occupation will end as quick as possible and my massage to shia is (be careful from occupation collusion and to remember Sunni and shia are Muslims and all these mosques for Muslims.
誰がアルハディモスクを攻撃したか?
アルハディモスクとスンニ派のモスクを破壊した犯人は同一グループだと思う。バグダッドの東、アルバラディヤートのアルクッズモスクの前で、私はスンニモスクを破壊する犯人を見た。
たくさんのランドクルーザーがやって来て、アルクッズモスクに火を放った。彼らは訓練されていた。何をするべきか知っているのだ。
イラクの希望と、シーアの人々へのメッセージを
イラク人はこの問題を安全に解決すべきだ。占領をすぐに止めるべきだ。シーア派に言いたいのは、「占領軍の共謀に注意せよ。スンニとシーアはムスリムだ。全てのモスクはムスリムのものだ」

In 23ed of Feb there was press conference for Association of Muslims Scholars representative by Abdul Salam Al-Kubaisi and it was other Shia Association ,this conference was to end this problem (to drop water on the fire).
2月23日、イスラム学者を代表するサラーム・アルクバイシ師の記者会見があった。それはシーア派協会と共催だった。この記者会見は問題の解決の一歩だった。

Abdul Salam said:
The number of sunni mosque who attacked became bigger than yesterday its 168 mosques till now in deferent places in Iraq and 18 Sunni Shaikhs got kill till now .
Sunni in Iraq have big power (he add)and everyone in the world know very well how the Sunni in Iraq resist occupation forces and how it was big resistance and we will never use this power against shia because we both are Iraqi ,and we hope shia will understand that and use there power against occupation forces too to liberate Iraq and i ask them not to use there power against Sunni mosques .
and i would like to remind Al-Sadr how Sunni go and help there Iraqi brothers from shia in Najaf war in 2004 ,and i ask them to stop what they doing in Sunni mosques now

and till now every Iraqi afraid from the resulte of that attack and you can see that in Iraqi street all the shopes are closed and no one in the street everyone hide his family in the houses and Iraqi government did nothing real to end this problem just promice in the truth is the police and Iraqi army watch the militia when they do there crimes.
クバイシ師は語った。
スンニのモスクの破壊数は昨日より多くて、168に上った。まだ破壊が続き、18人のスンニ派聖職者が殺された。 イラクにおけるスンニ派の力は強く、世界中の人々が占領軍と戦っているのがスンニ派だと知っている。私たちは絶対にこのスンニ派の力をシーア派に向けない。私たちは双方ともイラク人だ。私たちはシーアの人々がその力を占領軍に向け、イラクを自由にする事を願う。その力をスンニ派に向けないようにお願いする。私はサドル師を守るために、04年シーアの聖地ナジャフに多くのスンニ派が馳せ参じたことを言いたい。スンニ派のモスクを破壊してはならない。
今に至るも、イラク人全員がこの攻撃の結果を恐れている。イラクの通りは全ての店が閉ざされ、人々は家に隠れ外へ出てこない。イラク政府はこの騒動を終わらせる何の有効な手立ても打たない。実際、警官もイラク軍も民兵が犯罪を犯してもただ見ているだけだ。


I feel sorry about my country all the street in Baghdad became empty and there is no kids in the road and when you walk in one of Baghdad street you feel you are in city for coasts

this story wrote by Isam Rasheed .
私の国バグダッドで、全ての通りが空っぽになり、道には一人の子どももいない。もしあなたがバグダッドの通りを歩けば、(誰もいない)海岸を歩くように感じるだろう。
イサームラシード

以上、イラクの現状が詳しくわかるレポートだ。見逃せないのは、「アメリカ占領軍と、イラク政府は、モスク爆破を知っていて止めなかった」ということだ。「外出禁止令が出ているのに、なぜ犯人たちはモスクに大掛かりな爆弾を仕掛けることができたか?」。内戦になって喜ぶのは、アメリカとイラク新政府とイスラエルとシリアと…。イラクの人々は、ただ普通に、平和に暮らしたいと願っているのに、まだまだこれから殺され続けていくのだな、と思うと暗澹たる気持ちに襲われる。明日は、「内戦」による虐殺被害者について。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 内戦に導いているのはアメリカ!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/94

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2006年3月 7日 11:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハッサンからのメール」です。

次のブログ記事は「イラクは一番困難な時期を迎えている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01