イラクの学校は今…

昨日、イサームからまたまた最新現地情報が届いた。イラクの学校についてのインタビューだ。多くのイラク人が「スンニもシーアもクルドも同じイラク人だ」と考えているのに対して、宗派対立をあおり、内戦に持ち込もうとしているのが、アメリカ占領軍とかいらいであるイラク政府である事が、インタビューからも見て取れる。以下は訳文。

The Schools in Iraq

今回はイラクの学校について、そして占領軍が学校にどんな影響を与えているかについて書こうと思う。私は学校の先生たちがどのように教えているのか、どんな問題を抱えているのか取材を試みた。
最初は、36歳のムハンマド・アクラムで、彼はカラマの小学校で働いている。

私は8歳の子どもを教えています。イラクにおける学校の状態は落ちる一方です。学校内部は、贈賄行為やイラク政府の影響が及ばないために、非常に悪い状態です。生徒たちの一部は教師に対して尊敬していません。戦争前の方が、生徒に対する統制が取れていたので良かったのです
教師の一部には、宗派主義者がいます。彼らは生徒を名前で差別扱いします。例えば、オマールはスンニ派だけで使います。逆にアブドル・フセインのような名前はシーア派です。
私たちの教育レベルは低く、例えば文部省が教科書を印刷しなかったりするので、教育環境も悪いです。

占領軍は学校を再建したのか?
「いや、まだです。彼らはいくつかの学校の壁にペンキを塗ったり、机を交換したり、ほんの一部の修理をしただけです。

あなたは自分の子どもを学校に行かせているか?

はい。しかし私は子どもを自分の手で送り届けています。そして妻が迎えに行きます。自動車爆弾、道路爆弾、誘拐などが起こるからです。
数日前、アメリカ占領軍がモスル(バグダッドから北へ400キロ)で少女たちを乗せたスクールバスを止めました。占領軍は少女たちにベールを脱げと命令。そして彼らは少女たちの身体検査をしました。男性が女性の身体を触ることはイスラム社会では禁じられていることです。

イラク政府はこれらの問題を解決できるか?

いいえ。政府はアメリカ占領軍に対して無力なので、できないと思います。

一部の学校がうまく運営されていて、その他はダメだという事か?

いいえ。占領のため、全ての学校が大変悪い状況です。

スンニ派、シーア派、クルド人の学校の間で違いはあるか?

はい。クルド人の学校はバグダッドに比べてよい状態だと思います。教師についても、クルドの学校ではバグダッドやイラク南部よりも給料も待遇も良いと思います。スンニ派とシーア派については、同じ学校に行きますし、同じ状態だと思います。

2番目にインタビューしたのは、マジェード・マアード。彼は34歳で、東バグダッド、シャーブ地区にあるサラ・アルディーン中学校の教師。
「東バグダッドの大きなチェックポイントそばの学校にいたときは、銃弾から生徒たちを守るために、全ての窓を閉じて、土のうを積んでいた。アメリカ占領軍とレジスタンスとの間で戦闘行為があったからだ。
もしこのような状態があと2年続いたら、全ての学校は機能停止状態になると思う。教師たちの多くは賄賂を手にし、生徒は教師の言うことを聞かず、恐ろしい状態になるだろう。私たちはイラク政府に対してこの状態を改めるよう要求している。

--あなたは自分の子どもを学校に行かせているか?

私はまだ結婚していない。しかしイラクの家族にとって最大の問題は、息子たちを今のイラクの状態の中で、学校に送り届けることだと思う。彼らに何ができるのか?子どもたちが勉強する場所は学校しかないというのに…。

学校はいつ、もとの真っ当な状態に戻るのか?

占領が終わらないと無理だと思う。
イラクには戦争前、7500の学校があった。
戦後、その数は7300に減った。アメリカの爆撃で多くが壊された。ファルージャの戦いでは占領軍はバグダッドの西の学校を特殊な目的で占拠した。

一部の学校はうまくいって、他はダメだという事か?

そうではない。私たちは全て占領下にいるからダメなのだ。


スンニ派、シーア派、クルド人の学校に違いはあるか?

いいえ。全てのイラクの学生は、スンニ、シーア、クルドの別なく、同じ学校に行くからだ。ただクルド人自治区だけは、クルド人学生しかいない。なぜならアラブ人が住んでいないからだ。しかし今も全ての民族や宗派の間に違いはないんだ。

3番目のインタビューは、モハンマドさん、35歳の、東バグダッド、シフィニア小学校の教師だ。
「私たちはとても悪い状況の中にいます。本日、脅迫状が届きました。『学校を閉じよ、さもなくば校長と警備員を殺す』と書いてあった。私たちはどうしていいか分からなかった。近所の人々に知らせ、学校を守る手立てを考えた。

警察には電話したのか?

いいえ。私たちは警察を信用していないし、警察が守ってくれるとは思わなかった。

学校での事件を教えてほしい。

はい、たくさんあります。
1 ヌマン小学校… 今月6日、警備員が一人殺された。
2 バグダッドのカイロ学校…校長と警備員が殺された。
3 シャアブ学校… 先週、校長が殺された。
4 その他の女子中学校…校長が殺され2人の少女が誘拐された。
これらの犯罪の全ては、武装した秘密組織によるもので、全てがこの20日以内に起こったものだ。

犯人は誰か?

アメリカ占領軍が、ベトナムで行った計画をイラクでもやっているのだ。彼らはイラクを混乱させようとしている。
.
あなたは子どもを学校に通わせているか?

いいえ。治安が全くないから無理です。
--
戦争前はどうだったか?

今よりずっと良かった。治安は良かったし、教育環境も。爆弾や軍隊も学校にはなかった。
.
最後はエマン・ハーメド。40歳で、息子を連れた学校帰りに出会った。いくらかの質問。
学校の状況を聞かせて?
毎日、息子を学校に連れて行って、そして連れ帰っています。誘拐が怖いのです。自動車爆弾も道路爆弾もあります。占領軍も怖い。彼らは何の理由もなく、ただ人々を怖がらせるために発砲します。
.
学校はいつもとの姿に戻るのか?

占領が終わったら。そして全てのイラク人を代表する政府ができてから。

一部の学校はうまくいって、他はダメだという事か?
はい。一部の学校には素晴らしい教師がいます。コンピュータもあります。他にはない実験室なども完備した学校もあります。
--.
イラクの学校に求めるものは?

世界のほかの学校のように、イラクの学校が安全であってほしいと思います。

イサームからの報告は以上である。アメリカ軍は「ただ人々を恐れさせるためだけに発砲する」というのは、ハッサンからのメールにも「アメリカ軍の気まぐれ発砲」で傷ついた、とあった。インタビューに応じた全ての人が「アメリカの占領が終わらないと事態は改善しない」と答えている。新婚のハッサンは「今のイラクの状態では、子どもを作らない」と言っていた。通訳のワリードは高校の教師で、子ども3人である。
早く米軍を撤退させて、バグダッドでイサームやハッサン、ワリードと再開できる日が来るようにと願っている。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: イラクの学校は今…

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/97

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2006年3月22日 11:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホテルルワンダ」です。

次のブログ記事は「イサーラちゃん2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01