原油高騰で

5月の連休に日本を発って、カタール経由でヨルダンのアンマンまで行くことにした。今まで使っていたUAEのドバイ経由のエミレーツ航空よりも、ドーハ経由のカタール航空のほうが2万円程度安いのだ。因みに、大まかな金額を言うと、関空〜ドーハ〜アンマンで、航空運賃が9万円程度。エミレーツだと11万ほどする。ところが、実際に支払うのは、この運賃プラス約2万円。「何でそんなに追加せなアカンの?」
と尋ねたところ、「原油が値上がりしています」との答え。
イラク戦争、中国の輸入超過と、色んな原因があるが、原油価格の高騰がモロに影響している。
おそらく、この間の原油高騰で産油国であるサウジ、そしてメジャー(石油資本)は大もうけしているはずだ。石油、軍需産業の番頭である、ブッシュやチェイニーは、内心大喜びしているのではないか。
イラクは内戦状態だ、といわれる。先日バグダッド在住のワリードに電話をかけたらつながった。妻が出てきて、ワリードは留守だった。通話状態が悪かったので、状況を詳しく聞けなかったが、「今が最悪」と妻は語っていた。
バグダッドは、かつてのバグダッドではなくなってしまったようだ。「あいつがスパイではないか」「こいつらが誘拐犯では?」 疑心暗鬼。人々の心の中に「信頼」が消え、「恐怖」が植えつけられている。
富裕層はすでにバグダッドを脱出しているようだ。貧困層で、「食べるものにも事欠く」イサーラちゃん母子が、バグダッドを脱出できるか。
5月の15日頃にアンマンで出会う予定なのだが…。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 原油高騰で

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/89

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2006年4月12日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モハマド君の近況と従妹」です。

次のブログ記事は「簡単にだまされないようにしよう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01