アンマン到着 疲れた!

いつもながらの長旅で、頭クラクラ状態でアンマンに到着。関空を出てから飛行機に16時間、待ち合わせなどで8時間、ちょうど丸一日費やしたことになる。
アンマンに着いて驚いたのが、入国審査に指紋検査機が設置されていたこと。一通りの尋問の後、きっちり指紋を採取される。「テロとの戦い」がエスカレートして、このような監視社会になるのが一番問題だと思うのだが、この勢いだと、次に来る時には眼球の虹彩まで取られてしまうのだろうか…。
アンマンでハリルと再会。前回までは「日本人はイラクに入れない」状態であったが、今や「ヨルダン人もイラクに入れない」らしい。直接的には昨年11月9日の自爆テロで、60人以上が殺されたヨルダン政府が、イラク入りする人を警戒するようになったためだと思われる。そして最近の「内戦状態」が警告の度合いを増してくれている。
何しろ毎日100人単位で殺し合いが続いているという。メディアが報道しないだけなので、日本では実態が伝わっていないが、いまやスンニ派住民は、故郷を追われているようだ。2年前までは「アメリカ対イラクのレジスタンス」という構図で暴力の拡大再生産が行われていたが、今では「アメリカ対レジスタンス、それに加えてイラク人同士」の、バトルロイヤル状態なのだ。
今回のスケジュールはかなりきついので、ゆっくりとはしていられない。さすがに今日は疲れたので眠ることにするが、明日から予定をこなしていかねばならない。
ここアラブでは、なかなかこちらの予定通りことが運ぶことはまれなのだが、何とか充実した2週間にしたいものだ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アンマン到着 疲れた!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/75

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2006年5月 7日 11:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出発」です。

次のブログ記事は「アンマンの病院で」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01