イラク入国に成功

本日は3月7日、現地時間で午後8時。ということは日本ではもうすでに8日の午前3時頃である。
イラク入りには4日に成功して、すでに3日分の取材をしているのだが、こちらの電力事情&通信事情から、なかなかブログを更新できなかった。本日ようやくネットがつながったので、4日の分をアップします。

3月4日、懸念していた飛行機が飛んだ。午前11時、無事スレイマニアに到着。出迎えてくれたのは、通訳のハリルとファラドゥーン。彼ら2人が私のビザを取得すべく、働いてくれたので、今回もイラク入国に成功。
本日はクルド人にとって「建国記念日」に当たる休日。1991年3月4日、クルド革命軍が、フセインの軍隊を追い出し、この地に「クルド自治区」を建設した記念日なのだ。
休日なので、病院は閉まっており、緊急援助の薬も本日届けることが不可能。休暇明けを待って届けることにする。
スレイマニアでは、まず「がん病院」を訪れて、被害の実相を取材することにする。さらに、多くの人々が戦争被害に遭って逃げてきているということなので、外科病院と、リハビリセンターを訪問しようと思う。その後ハラブジャに「被爆アオギリ」を植樹し、ハラブジャの被害を取材する予定。
私たちのホテルにハラブジャの学生たちが訪れてきた。彼らはそれぞれ化学兵器によって家族を失っている。驚くのは犠牲者の数。「私の家族は7人」「僕は11人」「俺は27人」などの証言が飛び交い、あらためて化学兵器の恐ろしさを実感する。
そんな話をしている間にも、突然の停電。アメリカが発電所を空爆し、その後復旧していないため、イラクでは停電が日常茶飯事。このブログも、いつ停電するかヒヤヒヤしながら更新している。
何はともあれ、早朝の飛行機で、緊張の連続だったため、本日はこれくらいにして早く眠ることにする。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: イラク入国に成功

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/42

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2007年3月 8日 02:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「突然のフライトキャンセル」です。

次のブログ記事は「何と地元のテレビに出演してしまったのだ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01