アンマンから無事に帰国します

昨日、無事アンマンに到着。毎度の事ながらイラクからヨルダンに帰還した瞬間が、一番ホッとする。ここアンマンでは、きれいな水が出て、ガソリンは普通に買えるし、電気も停電しない。当たり前のことが当たり前に行われていることに幸せを感じる。
今日で2週間にわたるイラク取材を終えるわけだが、今回は実りの多い旅だった。シリアのダマスカスでイラクからの難民取材、ハラブジャで被爆アオギリの植樹、スレイマニアがんセンターへ日本からの薬を届ける、ハンディキャップセンターで戦争被害者とのインタビュー、緊急外科病棟で出会った重症の子どもたち、そして激戦地のキルクーク・・・。
詳細は帰国後、テレビ、新聞などで報告するつもりだ。
これからアンマン〜ドバイ〜大阪への長い長い空の旅になるが、なんと昨日ドバイ国際空港で事故があり、昨日のフライトはほとんど全てキャンセルされている。おそらく本日のフライトは満席だろう。アンマンのクイーンアリア国際空港には、普段より早めに到着するように、との指示があった。最後の最後までハラハラする、私にとって6回目のイラクの旅は、ようやくゴールを迎えようとしている。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アンマンから無事に帰国します

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/49

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2007年3月12日 02:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「背後から少女は狙い撃たれた」です。

次のブログ記事は「ラマーディからの青年が来日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01