2007年5月アーカイブ

今年2月末から3月、私はダマスカスで、イラク難民を取材したが、その時お世話になったアルディン氏からメールが届いた。アルディン氏は、イラク政府関係の仕事をしていたため、命を狙われ、妻子をバグダッドに置いたまま、ダマスカスに逃げてきた。
ダマスカスでは、イラク難民の生活支援をしている。私は今年の9月頃にも、ダマスカスを再訪し、アルディン氏と会い、支援の継続をするつもりだ。以下は奥さんからの手紙。

My dear husband Alladin
How are you , I hope you are fine and safe. Dear the situation here are getting worse there is a lot of killings, bodies are thrown in the middle of the streets, the gun men even burst into houses and kill, they have started to kill women for no obvious reason .

親愛なる夫アラディンへ
ご機嫌いかが。あなたが元気でいることを。ここバグダッドの状況は悪くなる一方。殺人が多発、遺体は街の通りに投げ捨てられ、銃を持った男たちは家の中まで襲いかかってきて、何の理由もなく、女性たちを殺し始めている。

The worst thing is that no one dare to lift the dead body it is either eaten by wild dogs or stays for days swelling until the army accompanied by the American decided to lift it up and when a fight started between the gun men and the American no one would find the time to hide because shooting would come from all directions, not mentioning the explosions that force us to stay at home and to repair the windows glasses of our house more often and the car bombs and the suicides killers this makes my going and coming back from the company I work for very dangerous.

最悪の事態は、遺体を誰も処置しないので、野犬に食べられるか、米軍と一緒にやってくる軍隊に処理されるまでの数日間を、腐臭を放ちながら放置されるかである。
ゲリラと米軍の間で銃撃戦がスタートすると、身を隠す時間もない。爆発は言うまでもなく、銃弾はあらゆる方向から飛んでくるので、私たちは家に閉じこもっていなければならない。
今まで以上にガラス窓の修理をしなければならないし、自爆テロや自動車爆弾テロで、会社と家の通勤が非常に危なくなった。

I am glad you are away because if you were here you wouldn’t be able to go to your work otherwise you will be killed the gunmen are forbidding people from working with the government or with any body else especially if they are having an important post as the one you have.

あなたがイラクから離れて暮らしているので、嬉しい。もしここにいれば、あなたは仕事に行くことができない。それどころか、殺されてしまう。ゲリラたちは、政府関連の仕事につく人を許さないし、重要なポストにつく人を許してはくれない。

Dear I am scared and worried about the future of our sons they can not go to their colleges, they can not even go out for awhile as beside the killing there is the kidnapper
kidnap people asking for a ransom .
All good doctors have left Iraq, I pray to God every night that no one of us would get sick otherwise it would be a problem especially at night because no one would be able to go to the hospital as there is a curfew all over the night.

私は息子たちのことが心配だ。息子たちは大学に行くことができない。外出するのは死と隣りあわせ。身代金を要求するために誘拐する犯人たちが、たくさんいる。
全ての名医はイラクを去った。私は毎晩、誰も病気になりませんようにと、神に祈る。夜に病気になることは、大問題。病院に行くことができないし、外出禁止令が一晩中出ている。

We stayed without electricity for one month now they supply us with electricity one hour every 10 hours.
Dear do not ever think of coming back to Baghdad because now is the most dangerous place in the world. It is better if you stay and get us out of this hell.
May God help you and help us.

私たちは今、一ヶ月も電気なしで過ごしている。電気は10時間中、1時間しか通電しない。
どうか、バグダッドに帰ろうとは思わないで。今やバグダッドは世界で最も危険な場所。そこ(ダマスカス)にとどまり、私たちを地獄から救出して。
神があなたと私たちを救ってくださいますように。

Your be loving wife
Muna
あなたの妻、ムナ

以上がムナさんからの手紙。ヒッラ市からハッサンが逃げ、バグダッドからワリードが逃げた。今もバグダッドに残るイサム・ラシードが心配だ。

このアーカイブについて

このページには、2007年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年4月です。

次のアーカイブは2007年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01