今年最大の「偽」 高裁の判決

早いもので、今年も今日で終わり。私の場合、いろいろなことがあった一年を締めくくったのは、「イラク派兵差止め裁判の判決」である。
12月26日、約200名近い傍聴者が集まり、大阪高裁202号法廷は中に入りきれない人々であふれた。大阪の裁判の特徴は、作家で9条の会代表であった故小田実さんと、イラク人ジャーナリスト、ハッサンアボッドが、原告になっていること。

とりわけ、この裁判に勝利し、イラクからの自衛隊撤退を実現させ、憲法9条を守り続ける、というのが、いわば小田さんの「遺言」であったので、当日はテレビや新聞も駆けつけ、年の瀬ギリギリの一大政治決戦、の様相を呈していた。
判決は、「見事に不合格」であった。そもそもイラクへの自衛隊派兵によって「平和的生存権が侵されている」と訴えているのだが、判決では、「(平和に生存したいという)権利は、具体性がなく、法的に保護するまでもない」と切って捨てた。

面白いのは500人近くの原告団の中で、ハッサンと私だけが、「特別に判断された」ことだ。
私の場合、2005年11月29日に、アンマン~バグダッドの飛行機に乗り、イラク入りを目指したが、空港でイラクの入国審査官に入国を拒否され、結果20万円ほどのチケットが無駄になった、という事実があった。なぜ入国を拒否されたかというと、日本政府が「いかなる日本人も入国させないように」と、陸路の国境や空港で「網を張っていた」からだ。
判決では、「日本国外務省職員の関与の内容、態様等も不明であるので、本件において、いまだ控訴人西谷がイラクへ入国できなかったことにつき、被控訴人側に、違法な行為があったと認めることはできない。この点の控訴人西谷の供述をもってしても、これを認めるには十分でない」としている。

つまり、私の証言だけでは認められない、というのだ。であるならば、私以外の「入国拒否された」事例を調べればいいのだ。05年、06年当時は、ほとんどのジャーナリストにビザが下りなかった。イラク政府に問い合わせると、「日本政府から止められている」との答えだった。様々な方々がイラクに入れずに、周辺国からのリポートに留まった。フリージャーナリストのF氏は、自らのホームページ上で、パスポート1ページ目、「通路故障なく旅行させ…」という文章と、「日本国外務大臣」の印鑑を、掲載し、当時の政府の行動を皮肉っていた。かくしてサマワからの報道が途絶えてしまい、自衛隊は何をしているのかが分からなくなってしまった。
そのような事実関係を調べることなしに、「法廷での証言だけでは信用できない」と判断されたわけだ。
私は約20万円の「損害」があったので、このような特別判断となったわけだが、問題なのは「国民の知る権利」である。あの時ほど、「現場からのリポート」が大事だったときはなかったと考える。陸上自衛隊がサマワにいて、そのサマワでは「水よこせデモ」が頻発。米軍は空爆を繰り返し、武装勢力が、米軍その他協力部隊を狙っていて、自衛隊にも迫撃砲が飛び込んでいた、ちょうどその時なのだ。

サマワの自衛隊は、大雑把に言って、毎日1億円の税金を消費して、「任務」に当たっていた。何リットルの水を供給したのか、病院への支援はどうなったのか、学校の再建は?
そのようなことが一切国民に知らされずに、「自衛隊は立派に任務を果たした」と言われ続けていたのだ。
内閣と国会が自民・公明の多数に握られ、まともな審議もないまま、自衛隊が派兵されたからこそ、私たちは司法に訴えた。しかしその司法が、政府のほうばかり見て、国民を見ない。これでは何のための三権分立なのだろうか?

今年の漢字は「偽」。食品偽装、年金の公約、出ないといって出る知事候補…。私にとって今年最大の「偽」は、大阪高等裁判所が下した、「判決」であった。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今年最大の「偽」 高裁の判決

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/136

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2007年12月31日 09:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中東の国境はなぜ直線?2」です。

次のブログ記事は「なぜ戦場にこだわるのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01