米軍脱走兵の告発

最近読んだ本の中で、衝撃を受けたのが「イラク~米軍脱走兵、真実の告発」だ。
ジョシア・キーという元州兵が、なぜ兵士にならざるを得なかったのか、そして戦地イラクでの出来事を淡々とつづっている。
激戦地ラマーディーで目の当たりにした衝撃的な事実。なんと撃ち殺されたイラク人の遺体から首を切り取り、米兵たちがその首でサッカーを…。
恐怖と緊張の中で、米兵が「壊れていく」。
2008年9月、(今月だ)に出版されたばかりのこの本、イラク戦争の本質を突いており、一読をお奨めする。
合同出版から1600円。

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米軍脱走兵の告発

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/178

» 貧困につけ込むアメリカという国(札幌生活)~のトラックバック

イラク米軍脱走兵、真実の告発はイラクでのアメリカ陸軍の行為を告発する内容であるが、アメリカ軍の行為だけではなく、アメリカが抱えているどうしようもない格差社... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2008年9月26日 17:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジャーハダ、完成しました」です。

次のブログ記事は「京都・丹波マンガン記念館を訪問」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01