空爆の破片が少年の頭蓋をかすめた

空爆の破片が頭蓋骨をかすめた burog.jpg バグダッドで、この男の子と出会った。米軍の空爆による破片が、頭蓋骨をかすめていって、彼の頭は頭皮が露出している。かろうじて脳が皮膚一枚で守られている。ためしに指で触ってみると、指が脳内にのめりこんでいくような感覚。 もう少し下部に命中していたら、即死していただろう。

彼はゆらゆらとくらげのように歩く。脳が傷つき、下半身が麻痺している。バグダッドは危険なので、ゆっくりとインタビューすることができず、これ以上の詳細は分からない。
父親が彼の防止を脱がせて、頭の傷を指差して「アメリーキー」と抗議していた。
2007年、米軍のバグダッドへの空爆は、1400回を越えた。一年間で1400回。つまり毎日3~4回。ヘリコプターや戦闘機から、「スイッチを押すだけ」で、ミサイルが発射されるが、撃たれた方は、このような被害が生じる。
頭では理解していても、実際に戦争被害者と出会うと、あらためてその残酷さが分かる。

本日はアメリカ大統領選挙。「オバマがマシ」との声も聞こえてくるが、双方、「テロとの戦いをやめる」とは言っていない。どちらになっても、悲劇は続く。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 空爆の破片が少年の頭蓋をかすめた

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/199

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2008年11月 4日 16:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バグダッドで出会った水頭症の子ども」です。

次のブログ記事は「カトリーナちゃんの場合は…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01