アリー君の写真を再掲 

アリー君と 1.jpg 数日前に、アリー君のことを日本の皆さんに伝えないといけないと感じ、未熟なネット知識の元に、写真をアップしたのだが、大きすぎて、うまく入らなかった。本日再度アップする。 アリー君は10月16日早朝に、私の宿泊する「ハムダニーヤ総合病院」にやってきた。「日本人が泊まっている」といううわさを聞いて、父親が彼を連れてきたのだ。 ビックリした。劣化ウラン弾と思われる被害者の子どもたちを、たくさん取材してきたが、そのたびに驚かされるし、この結果責任の残酷さに、絶句してしまう。 「テロとの戦い」「アメリカこそ正義」とブッシュ大統領は、イラクに侵略したが、その結果責任を問われずに、かれは政界から引退する。 おそらくブッシュは今後、「史上最低の大統領だった」という評価を受けるのであろうが、しかしこの子は、ブッシュが亡くなった後も、ずっと生き続けていく。 「将来は何になりたい?」と聞くと、「医者になって僕のような子どもを救いたい」と答えるアリー君。 成績は優秀だが、この姿のために、しばしばいじめられることもあるようだ。 何年か先、この町で、困難を乗り越えて医者になったアリー君と出会いたい、と心の底から願う。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アリー君の写真を再掲 

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/202

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2008年11月 7日 21:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「」です。

次のブログ記事は「オタクの戦争」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01