オタクの戦争

飛行船 ブログ用.jpg 「何やこの写真は?」と思う人も多いのでは? これは10月12日早朝、バグダッド・チグリス川に面するホテルから撮影した、米軍の無人飛行船である。前日自動車爆弾テロがあったあたりの上空にプカリと浮いていた。 米軍は、バグダッドの市民生活を、このようにモニタリングしている。 不気味である。そして現代の戦争を象徴している。 無人なので、この飛行船を攻撃しても、米兵は死なない。おそらく直近の米軍基地から、リモコンで操作している。 いまや無人戦闘機が、空爆する時代だ。もうすぐ「無人戦車」が実戦で活躍する時代に入るだろう。 そうなれば、兵士はさらなる「テレビゲーム感覚」で闘うことになるのだろう。 もしかすれば、テレビゲームが得意な日本人が、自衛隊で米軍と協力して、「リモコン操作」で戦果を挙げていくことになるのかもしれない。「オタクの戦争」。かなりブラックな、ジョークみたいな話だが、次の戦争はこの方向に進む。 オバマで方向が変わればいいのだが。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オタクの戦争

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/203

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2008年11月14日 10:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アリー君の写真を再掲 」です。

次のブログ記事は「戦費をかけずに戦争する方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01