豚がいた教室

映画「豚がいた教室」を、家族と一緒に観た。豚のPちゃんを6年2組で飼育して、最後はそのPちゃんを食べるか、飼い続けるか、子どもたちが真剣に悩み、議論する。実際に大阪の能勢であった実話を映画化したものだそうだ。

最初は「卒業まで飼育し、そして食べる」ことを条件に飼い始めるのだが、Pちゃんがかわいいので、Pちゃんにどんどん夢中になっていく子どもたち。

春にはPちゃんの小屋を作り、夏の台風ではみんなでPちゃんを守り、秋には家出したPちゃんをみんなで探し出して保護する。

やがて冬になり卒業式の準備。クラス会で激論。「Pちゃんは家族のようなもの。食べられるわけがない」「でも、最初は食べるって約束だったじゃない」「食べることによって、Pちゃんは僕の体の中で生きていくんだ」「そんな残酷なこと」…。結論が出るどころか、泣き出す子どもたちが続出。

そんな中、一人の女子生徒が「命の長さは誰が決めるの?」
誰も答えることのできない問いに、教室は悩み続ける。

今、ガザで、イラクで、アフガンで、無実の人々が虐殺されている。いったい命とは何だろう?
一匹の豚と6年2組の子どもたちを通して、命の尊さを考えさせてくれる、この映画。未見の方はぜひ。


トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 豚がいた教室

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/207

» 平成21年になすべき目標!(ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw)~のトラックバック

間もなく新しい年、平成21年の幕開けです。画像はクリックで拡大します。 ★振り返 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2008年12月30日 21:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハッサンが立候補 ファイト!」です。

次のブログ記事は「まったくめでたくない新年です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01