ドバイ、いや世界で恥をさらす「泥酔会見」

2月19日早朝、無事ドバイに着いた。いつものようにドバイ中心部の安宿に宿泊。
こちらの新聞「ガルフニュース」に大きく中川財務相の「泥酔会見」が掲載されている。「世界第2位の経済大国日本が、いったい何をしているのだ」という論調。
衛星放送でBBCが流れていて、そこでも中川大臣の「泥酔会見」が特集されている。

日本では「ワインに口をつけた程度」などという本人の「釈明」が載っているが、こちらは「ドランクン」(泥酔)と決め付けて放送されている。

結構恥ずかしい事態になっている。世界では。

さて、時差ぼけ&睡眠不足ながら、さっそくドバイからイラク北部への乗り継ぎ便を探すため、ドバイ中心部の旅行社へ。
イラク北部、クルドの首都アルビルには結構飛んでいる。私が本拠地とするスレイマニアへの便があるか確認。
現在確認中で、インターネットカフェに飛び込んで、このブログを書いている。

できるだけ早くイラク入りしたいが、それも飛行機の乗り継ぎ次第だ。
さて、ドバイにはいつまで滞在しなければならないだろうか?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ドバイ、いや世界で恥をさらす「泥酔会見」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/214

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2009年2月19日 19:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガザ基金報告」です。

次のブログ記事は「あっけなくアルビル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01