あの靴を買い、バグダッドへと向う

あの靴はバカ売れしていますブログ用.jpg 3月5日、今日でヒッラともお別れ。午前中、ヒッラ中心街の靴屋へ。「あの靴」が並んでいるかインタビュー。 「ブッシュくたばれ!」といって靴を投げるまねをすると、「おー!分かったお前のほしい靴はこれだね」と店内奥に山積みされた靴を指差す。

そう、この靴はイラクではバカ売れしていて、ドライバーのモハンマドも実は同じ靴をはいているのだ。
記念に靴を買う。一足15ドル、つまり1500円ほど。以後、私はこの靴をはいて取材している。マフムディーヤでもバグダッドでも「俺もあの靴をはいているよ」と靴を見せると、「GOOD!お前は最高だよ」との反応が返ってくる。スンニ派、シーア派の区別なく、みんなあの事件に大喜びし、靴投げ記者の早期釈放を望んでいる。

靴を購入し、一路バグダッドへと向う。ヒッラからバグダッドまでは通常なら2時間半ほどで着くが、問題は検問の状況だ。
事件があったり、米軍が通過したりすると、長時間にわたって道路が寸断される。
バグダッドの入る手前、「死の三角地帯」と呼ばれる場所が、マフムディーヤ、ラティフィーヤと呼ばれる所。私たち日本人には、橋田さん殺害現場として知られているところだ。
果たして無事通過できるだろうか…。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: あの靴を買い、バグダッドへと向う

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/228

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2009年3月 9日 13:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒッラとカルバラの病院を訪問」です。

次のブログ記事は「橋田さん、小川さんの殺害現場を訪ねる 合掌」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01