想像を超えるモスルの戦争被害

生まれつき鼻の組織がおかしかった子ども ブログ用.jpg 写真は劣化ウラン弾による遺伝子異常と考えられる子ども モスルではこのような被害が急増しているという。

10月20日、タクシーを拾い、アルビルとモスルの州境へ。ここはクルド側(アルビル)とアラブ側(モスル)の事実上の国境で、パスポートチェックをはじめ、荷物検査、運転手のIDカードチェックなど、厳戒警備体制。モスルからのテロリストを防ぐ、という意味もある。

無事、モスル側へ抜ける。通訳のサウファンと運転手のマジードが待っている。半年振りの再会。
サウファンらと、あらかじめ打ち合わせしていたアリー君(16)の家へ。ここはモスル中心地からわずか20キロ、バルテッラーという街で、人口の大半がキリスト教徒。モスルが危険なのと、キリスト教徒への弾圧があるので、この街に避難する人が急増し、人口が急激に増えている。

アリー君は7人兄弟。1人はテロに巻き込まれて死に、3人は米軍の空爆で死んだ。
06年3月10日、米軍はアリー君の家とその周辺を空爆し、3人の兄弟をなくすとともに、彼は身体障害者になった。背骨に爆弾の破片が突き刺さっており、以来、下半身不随の寝たきり生活だ。
「米軍から何の謝罪も補償もない。俺たちは普通の市民だった。アルカイダではない。空爆後、モスルを捨ててこの街へ逃げてきた。タクシー運転手だったが、今は失業している。この家は借りている。近所の人も戦争被害者だ」と、父親のイブラヒームさん(46)。

アリー君の家で取材していると、「俺もやられた」「私の息子を見て」と近所の人々が集まってくる。
写真の少年、アハマド君(5)は明らかに鼻の発達異常である。母親が彼を身ごもっているとき(5年前)、最も米軍の空爆がひどい時期だった。おそらく劣化ウラン弾の被害ではないか?
「ウランって知っている?」と母親に聞くが、「ウランって聞いたことがない」との答え。
しかし「息子は戦争の結果、このような顔になったと思うか?」との質問には「100%、戦争の被害だと思う。だって、このような症状の子どもが病院にあふれているもの」。

モスルは「フセインが隠れている」と疑われた都市で、とりわけ空爆が激しかった。二人の息子、ウダイとクサイが米軍に殺されたのも、このモスルだった。

モスル中央病院では、「メニー、メニービクティム(被害者はたくさん)」とサウファンが証言する。
今回は時間の都合と安全性が確保されていないため、モスル市内にははいらないが、できるだけ早期にモスルの実態を取材したいものだ。

昨年に引き続き、サウファンに日本からの募金を手渡す。このお金でモスル市内の小学校にストーブを買ってもらう予定。小学生の多数が、この戦争で親をなくしている孤児である。モスルはイラク北部に位置していて、冬は大変寒いのでストーブは喜ばれるだろう。

夕刻、無事アルビルまで帰還。長距離タクシーを捕まえてスレイマニアに入る。
私の旅もこのスレイマニアで終結する。残されたわずかな日々を、きちんと取材してから、帰国したい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 想像を超えるモスルの戦争被害

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/270

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2009年10月21日 13:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドバイからイラク・アルビル、そしてモスルへ」です。

次のブログ記事は「カラア避難民キャンプを再訪する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01