200Q年の街から

二つ目の月.jpg 写真はカブールに浮かぶ「二つ目の月」

アフガンの首都カブールは、他の都市と比べて治安が良いのであるが、さすがに夜間の外出は控えなければならない。
したがって夜はホテルの一室にこもっているのであるが、こんなときこそ読書の時間。

今、村上春樹さんの1Q84第3巻にはまっている。アフガンの夜のために、あえて日本で読むのを控えて持ってきた宝物である。

小説では天吾と青豆だけに、二つ目の月が見える。マザとドウタ。通常の1984年から、青豆が1Q84年にワープして、ずっとそうなのだ。

実はこのアフガニスタンにも「二つ目の月」、ドウタが出ている。

米軍が住民監視用に飛ばしている不気味な無人飛行船である。

アフガニスタンでは1979年以来、もう30年以上戦争が続いている。私がアフガンに足しげく通いだしたのは、2009年。もしかすると私は200Q年のアフガニスタンに迷い込んでしまったのかもしれない。

頭上に浮かぶ「二つ目の月」。そして不条理に殺されていく人々。過剰な警備、自爆テロ、そして執拗な米軍の空爆。
アフガニスタンのドウタたちは、手足を奪われ、焼かれ、そしてがんに冒されている。

小説では「空気さなぎ」がドウタを守ってくれるのだが、カブールには「空気さなぎ」は存在しない。ドウタたちは戦争という名の悪に「露出」し、深い傷を負っている。
そして根本的に違うことは、1Q84年はフィクションであるが、200Q年は、現実に進むこの地球上での出来事である。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 200Q年の街から

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/306

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2010年6月10日 10:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジャララバードへ」です。

次のブログ記事は「車椅子の母子と遭遇する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01