原発のウソを暴く その2

核燃料サイクル図 あとみん.jpg これは「あとみん」という小中学校での「教材」。文科省も原発推進だったため、このような教材を使って「原発は安全」「CO2を出さない」「核燃料サイクルで安心」などのウソを教えてきた。

原発は地震が来たら壊れてしまう、ということは分かったけど、火力発電に切り替えたら、CO2が出てしまうし、コストも…。などと考えている方、だまされないようにしよう。「原発は地球温暖化の切り札」でもなんでもなく、むしろ「地球を温め続ける厄介な発電所」なのだ。以下、検証してみよう。
温排水.jpg
これは福井県の原発銀座から出る温排水で、敦賀湾が温められている様子。原発は火力発電より熱効率が悪く、出てくるエネルギーの3分の1しか電気にならない。残りの3分の2は熱になってしまう。つまり原発を運転すれば原子炉が熱を持つので、炉を冷やし続けねばならない。今回のフクシマ事故で明らかになったように、原子炉を海水で冷やす必要があるので、日本の全ての原発は海岸に建っている。
逆に言えば、原発は常に海を温め続けている。CO2削減の目的は地球温暖化防止のはず。「発電時にはCO2を出しません」とくどいほどCMで宣伝していた原発だが、実態は海を温め続ける「温暖化推進」の発電所だったわけである。
それだけではない。原発を運転すると必ず出てくるのが使用済み核燃料棒。いわゆる核のゴミ=死の灰である。今回の事故で明らかになったように、この使用済み核燃料棒は、放置すれば崩壊熱を出し、溶融してしまうので、原子炉建て屋の中の「使用済み燃料プール」で冷却し続けねばならない。
その期間は?
3年から5年。
冷却水を循環させるのは、石油などを焚いたエネルギー。つまりCO2を出し続けるのだが、問題は始まったばかり。
3年から5年、冷却した使用済み核燃料棒はどこへ行くか?
青森県の六ヶ所村。ここでプルトニウムだけを取り出し、残りをガラスと混ぜて「ガラス固化体」にして冷やす。
その期間は?
約50年。
六ヶ所村はあくまで再処理工場と中間貯蔵なので、50年間冷やしたガラス固化体は、いよいよ「最終処分場」へ送られることになる。しかし…。
日本には、まだその受け入れを決めた自治体はない。北海道の幌延町などで「地層処分の研究」をしているようだが、あくまで研究なので、受け入れ先ではない。
モンゴルの大平原に埋めたらどうか、という案も出たようだが、モンゴル人も反対運動をするだろうし、そもそも自国の核のゴミは自国で処分するのが世界の原理原則。よって、おそらくモンゴルもダメ。
仮に最終処分場が決まって、ガラス固化体を作るのに成功したとする。六ヶ所村で50年ほど冷やし続けた高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)が完全に無害になるのは10万年から100万年後である。仮に地下500mの所に埋めたとして、10万年間安全であるという保障はないし、未来の人類が、「これは何だろう」と掘り返すかもしれない。
つまり「核のゴミ=死の灰の処分方法は、まだ未確立」なのだ。そうすると解決策は?
今すぐ原発を止めて、核のゴミをこれ以上出さないこと、である。
東電や関電など電力会社は、核廃棄物の処分費用を積み立てていて、それが2兆数千億に上るとされている。福島の被災者への賠償金は20兆円程になるのではないか、と言われている。
「この積立金を取り崩して、賠償に充てんかい!」と叫びたくなるのは私だけか?
ちなみにこの積立金も、私たちの電気料金に上乗せして、はぎ取ってきた金である。
この積立金と約100兆円も買い続けた米国債を売れば、増税なしでも賠償金が出てくる。原子力村とアメリカがおいしい目をしてきた、この国の政治経済を変えることができるか?
私たちはこれ以上だまされたくない。CO2を出さない、というのも大ウソだった。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 原発のウソを暴く その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/408

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2011年8月14日 16:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「原発のウソを暴く その1」です。

次のブログ記事は「あとみん の図 修正しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01