委任状が続々と…

1月12日から橋下前知事に対して、「WTCビル購入&庁舎移転に伴う税金投入」問題で住民訴訟を始める予定だが、現在続々と委任状が到着している。委任状は、この裁判の原告になるという意思表明である。「大阪に独裁はいらない」という、みなさんの熱い思いを感じる。
数年前まで、イラクへの自衛隊派兵は違憲である、という訴訟を闘っていたが、まさか今度はこのような形で、大阪地方裁判所に通うことになるとは思ってもみなかった。
いち早くブッシュに賛意を示して、イラクに自衛隊を送ったのは、小泉首相だった。その小泉劇場に似ているのが、維新旋風である。新自由主義の「小泉構造改革」で、日本は格差が広がり、失業者が町にあふれ、貧困層が急増した。今でこそ怨嗟の声がうずまく小泉構造改革であるが、当時は「純ちゃーん」と、街頭で叫ぶ主婦の姿に代表されるように、「自民党をぶっ壊す」(本当は国民生活がぶっ壊されたのだが)という単純なフレーズが支持されていた。
「大阪市役所をぶっ壊す」と彼は言い、おそらく大阪の教育をぶっ壊してしまうだろう。数年先には、大阪府民の間に怨嗟の声が広がってしまうかもしれない。そうならないようにするには…。
裁判は長い闘いである。少しずつ前へ進むしかない。1月は裁判、2月はアフガン、3月は震災一年、4月は…。新年早々、気が遠くなるような難題続きだが、まぁぼちぼち行くしかないな。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 委任状が続々と…

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/421

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2012年1月 3日 12:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「橋下前知事に対して、住民訴訟を始めます」です。

次のブログ記事は「WTCビル問題 提訴は1月12日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01