原発20キロ圏内を行く 福島ルポ

原子力 明るい未来 ブログ用.jpg 写真は、有名になった双葉町の看板。看板の下で防護服を着た人々が線量を測っていた。「40マイクロ出てる」という声が微かに聞こえた。

ピーピピツピー。線量計からアラーム音が鳴り響く。「8マイクロ。8,4、8,56…。あー9マイクロ越えちゃった」。ここは福島県南相馬市と浪江町の境界、Y牧場のゲート前。餓死した牛の頭蓋骨が並び、「東電、国は大損害を償え」「殺処分反対」などペンキで書かれた怒りの看板。3月13日、福島第1原発20キロ圏内の立ち入り禁止区域に入った。ゴーストタウンと化した、半永久的に住めなくなった故郷。原発から「風下の町」をレポートする。

「最初にこの検問所を通過する時は緊張したけどね、今は慣れちゃった(笑)」。本日、私を案内してくれるのは、南相馬市原町区で、和洋菓子店「松月堂」を営む横川徳明さん、千代さんご夫妻。
検問所にて ブログ用.jpg
南相馬市役所から横川さんの車で国道6号線を南下すること10数分、前方に機動隊が検問所を作っている。「これより原発20キロ圏内。立ち入り許可証が必要」との看板と三重県警の警官が数人。全国から応援に入っている警官たちも被曝するので、ローテーションで検問に当たっている。昨年11月は、ここで大阪府警の若手警官にチェックを受けた。左手のコンビニ駐車場では、車を止めて放射線防護服に着替えている人がチラホラ。
許可証を見せて、圏内に入る。6号線を南下、人もすれ違う車もいない、不気味な静寂が続く。国道左手の海側は、津波で流され何もなくなってしまった平原。その向こうに波しぶき。「ここから海が見えるなんてねぇ。風景がすっかり変わっちゃったね」ハンドルを握る横川さんがつぶやく。
かつての田んぼ、家屋だったところに津波で流された車や自動販売機。一年前、3・11のまま、時が止まっている。
検問ラインから10分も走ると、松月堂の倉庫。横川さん夫妻が、海が見える国道脇に花を手向ける。「この辺りは津波で亡くなった人が多くてね。月に一回は圏内に入るから、こうして花を供えてるの」と奥さん。花のそばに小さなお坊さんの人形を置く。「この人形、お経をあげてるの。お坊さんが来れないからね」。
花を手向け、合掌。南相馬市だけで、津波の犠牲者は1800人を超える。原発事故があったので、すぐには救援できず、福島ではいまだに行方不明者も多い。
倉庫から原発まではだいたい15キロ。空間線量は0、15〜17マイクロシーベルトで推移している。「この地域より福島市、郡山市の方が高いよ。政府は距離だけで立ち入り禁止にしているからね」とはご主人。
倉庫から、「見えるようになった」数キロ先の海岸へ。海への道は311の時点のまま。あちこちに地割れ、そして津波で流された自動車や自動販売機がかつての田んぼに転がっている。
海岸沿いにガレキの山。自衛隊と警察がガレキを一カ所に集め、積み上げた。ガレキの上に線量計を置く。数値はじわじわと上昇し、0、8マイクロ。申し訳ないが、このガレキは全国に拡散させず、「低レベル放射性廃棄物」として安全に県内で処理するしかないだろう。
常磐線の小高駅へ。土盛りの上の線路が防波堤の役割をしていて、線路から海側は全て流されていて、山側に家屋が残っている。津波被害を逃れた山側の町も、原発事故で住めなくなった。駅前商店街は地震で崩れたままの状態。
小高駅 倒れた自転車 ブログ用.jpg
駅のそばに自転車駐輪場があり、たくさんの自転車が倒れたままになっている。この駅からたくさんの中学生、高校生があの日も通学していた。「通学用自転車 富1中031」「Odaka Technical High School08−190」。富岡町第一中学、小高工業高校生の自転車だろうか。
「中高生も津波で流された子がいてね。家も流されたので、形見はあの自転車だけ、という子もいるのよ。でもここが立ち入り禁止区域でしょ。形見の自転車さえ、取りに来れないの」。奥さんの横川千恵さんが、「地元の人しか知らない情報」を伝えてくれる。この地震で倒れた自転車の何台かは、主がいなくなって1年、ここでひっそりと倒れ続けているのだ。
横川さんは、この小高駅前商店街のはずれに、和菓子店を出店していた。昭和48年、娘の出産にあわせてここで商売をはじめたという。
店の中へ。地震で大きく傾いた商品陳列棚。店内には桜の造花。その奥にある日めくりカレンダーには3月11日という大きな文字。あの日は東北の寒い冬が終わり、来るべき春を待つ、浮き浮きした季節だった。あれから1年、この店は倉庫に変わった。仮に立ち入り禁止が解けたとしても、商店街には人が戻って来ないだろう。この場所での商売は、あきらめざるを得ない。
商店街から山側の集落に入っていく。建設中の常磐高速道路を越えたあたりで、アラームが鳴り出す。
「2マイクロを越えると、警戒音がなるんですよ」。横川さんが握るハンドルの隣に、緑色の線量計。車内で2マイクロ、外はもっと出ているはずだ。
牧場 頭蓋骨 ブログ用.jpg
車が峠道を駆け上がったところに「牛に注意」という手書きの看板。野生化した牛が道路を横断している時に、車とぶつかる事故が多発したのだ。「牛に注意」の看板を何枚かやり過ごしたところにY牧場があった。
牛の頭蓋骨が4つ並び、「東電、国は大損害を償え」という怒りの看板。牧場主が書いたものだろう。その赤いペンキの文字は、農民たち、酪農家たちの血の涙で書かれたようだ。
ピーピー。線量計が不気味に鳴り続ける。空間線量で毎時9マイクロシーベルト。もしここに1年立っていれば、78ミリシーベルトの被曝。おそらく何年かでがんになってしまう被曝量だ。試しに線量計を地面に置いてみる。
9、10、12…。数値は牧草の上で14マイクロ、森の中で15マイクロに跳ね上がった。これは除染できるレベルではない。ここは半永久的に人が入ってはならない場所になってしまった。
「原発さえなければ、私たちは故郷を捨てずにすんだのです。私たちの先祖がこの村をつないで、つないでやってきたのに…。まさかこんな形で何もかも失うなんてね…」。この村で生まれ育った奥さんがつぶやく。「あきらめたらダメですけど、でもあきらめるしかないかもね」。
浪江町を抜けて双葉町へ。さすがにここで放射線防護服を着る。JR常磐線双葉駅前、やはり線量計がピーピー鳴り出す。原発から5キロ圏内に入る。車内で線量が6、7、8マイクロと上がっていく。双葉町体育館が見える。車が体育館の方へカーブを曲がりきったとき、その看板が飛び込んできた。
「原子力 明るい未来の エネルギー」。
何という皮肉な標語。ブラックジョークのような看板の下で、やはり防護服を来た一団が、線量を量っている。かすかに、「40マイクロ出てる」との声がこちらまで聞こえる。原発の補助金だろう、駅舎も体育館も立派な建物。それだけによりいっそう悲しい現実が目の前に展開している。

311から一年が過ぎた。昨年末政府は「原発事故は収束した」と一方的に宣言したが、被害は延々と続いており、補償も生活再建も遅々として進んでいない。大量の汚染水は海に流れ続け、爆発で傾いた第1原発からは、今も放射能が漏れ続けている。故郷を、生活を、復興への夢や希望を根こそぎ奪っていく原発事故。フクシマから学ぶべき重い現実。そんな中、政府も電力会社も「電気が足らなくなる」と福井県大飯原発の再稼働を急いでいる。彼らが言うのは、経済性や効率。東京・永田町で政局を、駆け引きを続けているうちに、言葉からは人間らしい温かさが失われ、政治への深い失望が生まれる。
「政府のエライさんや電力会社の社長さんは、県庁とか、市役所には来て謝罪するが、このような汚染された現場には来ない」と横川さん。再稼働を言う前に東電も政府も、今一度、現場へ来て、この現実を目の当たりにすべきなのだ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 原発20キロ圏内を行く 福島ルポ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nowiraq.com/mt/mt-tb.cgi/445

コメントする

このブログ記事について

このページは、nishitaniが2012年4月13日 18:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜ騙されたのか? ハシズム支持の背後にあるもの」です。

次のブログ記事は「シリア周辺取材 1日目 無事アンマンに到着」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01