2014年6月アーカイブ

イラクのイサームからメールが届いた。マリキの政府軍とISISの両方から責め立てられる普通のバグダッド市民の悲痛な声を、聞いてほしい。私たちに何ができるのだろうか?こうなった原因は…。間違いなく「大量破壊兵器がある」というウソで始めたブッシュの戦争だ。そしてこの戦争の責任を、誰もとっていない。イラクの悲劇はいつまで続くのか…。
以下は、イサームのメールです。


Most of my neghibours left from the beginning 
And now after 15 days fighting Us warplanes
 Start helping the Iraqi government again 
And will make the fighting going worse 
The life in Iraq became like hell and danger 

ほとんどの近所の人々は、すでに逃げ出している。そして今後15日間は、米軍の戦闘機が空爆で、イラク(マリキの)政府をまたもや助けていくだろう。イラクでの生活は地獄と化し、危険が一杯だ。
And no way to leave north , west and east Baghdad there is fighting and the shitte live south Baghdad with big number militia so I and many families are srounded now 
Every day iraqi army raided homes and arrested many innocent people and many dead bodies found at Baghdad morgue after some days after they get arrested by army 
And with all of the now we face unknown future

バグダッドから北、西への道は(ISISによって)閉ざされた。そして東バグダッド(サドルシティーのこと)では戦闘が勃発していて、南バグダッドにはシーア派の民兵たちが多数いる。つまり私も、近隣住民たちも今や取り囲まれている。毎日、イラク政府軍が民家を急襲して、たくさんの無実の人々を捕まえている。バグダッドの死体置き場には、逮捕後イラク政府軍に殺害された多数の遺体が積み上げられている。そして私たちは全く未来が見えない現実に直面している。
And with this chaos and bad situation my wife and my family asking me to stop working as journalist because its became a crazy profession in this situation .
Thank you friend and tell all our friend in Japan about our situation and pass my deep and honest love to you and to all of them and to my second country (((( Japan )))).
Your friend 
Isam
この混乱と最悪の状況の中で、妻も家族も私にジャーナリストの仕事を辞めてくれと頼んでいる。私の仕事はこの状況で危険すぎるのだ。この現状を日本のみなさんに伝えてほしい。そして私の日本に対する深くて純粋な愛を、第二の故郷である日本のみなさんに、伝えてほしい。イサーム。

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01