コラム: 2006年7月アーカイブ

ベイルートは美しい街だった。目前には地中海。背後には雪を抱いたレバノン山脈。中東では珍しくキリスト教徒が多い国なので、レストランで堂々とビールやワインが飲めるのがうれしかった。アンマンからの深夜便でベイルート国際空港に降り立つとき、しばし、漆黒の海とネオンのコントラストに、見とれてしまったほどだ。
その国際空港がイスラエルに爆破され、ベイルートは戦火に包まれてしまった。ヒズボラのイスラエル兵士拉致問題に端を発した、この「一方的な空爆」は、イスラエルがかねてからレバノンを狙っていた、シナリオ通りの行動だと思う。
ヒズボラのロケットがイスラエルに命中し、イスラエル兵も何人か死んでいる、と報道されているが、大雑把に言うと、イスラエル人1人死ぬのに対し、レバノン人は10人、それも民間人が多く含まれていて、圧倒的な火力の差による、「一方的な空爆」であることは明らかだ。
そして現在アメリカは拒否権を発動し、イスラエルを擁護している。アラブ人たちは、連日このニュースをどんな気持ちで見ているのだろうか・・・。
たまたまなのか、小泉首相は、イスラエルとアラブの関係が極度に緊張している時期に、イスラエルを訪問し、エルサレムの嘆きの壁で、キッパ帽をかぶりユダヤ式に「嘆いてみせた」という。
なんというアホな首相か!イスラエルが空爆でアラブの民間人を殺しているときに、嘆きの壁で嘆いてみせるとは・・・。エルサレムの嘆きの壁は、世界中からの観光客でごった返しているが、じつは壁の前で嘆くユダヤ教徒はごくわずかである。人々はその嘆いているユダヤ教徒を遠巻きにして見物、壁を前に記念撮影し、「あーエルサレムに来たのね」と満足して帰っていくところなのだ。
ユダヤ教徒でもない首相が、ユダヤの黒装束で、ユダヤ式に嘆いてみせる・・・。お前は高校の修学旅行気分か!と、突っ込みたくなる。いっそのこと国会に嘆きの壁を作って、「こんな首相を選んでしまった日本人の責任」をみんなで嘆いてみたらどうだろう。
アラブ人たちは日本のことが好きだった。しかしこの首相の行動を見て、幻滅した人はおそらく数知れず。
靖国参拝もしかり。不必要なことをあえてやらかして、相手を刺激、激怒させる。「9月の任期切れまでじっとしておれ」と、叫びたくなるが、次は安部になりそうだ。安部は小泉と同等、あるいはそれ以上に「世界を知らない」ようだ。この国は世界の笑いものになろうとしているのだろうか・・・。

北朝鮮がテポドンを含むミサイルを発射し、日本は大騒ぎである。もちろん、このような無法を許すわけには行かないし、一歩間違えれば大惨事を引き起こすわけであるから、北朝鮮に対し、厳重な抗議と、以後このような「戦争行為」を行わないように約束させることが重要だと思う。
その上で、「なぜ北朝鮮がこの時期に全世界を敵にまわすような行動をしたのか」について慎重に考える必要があると感じる。大事なことは、「危ない」「何をするかわからない国だ」と、政府やメディアが騒ぎ、一種の集団催眠のような状態になって、一気に「憲法改悪、軍備拡張モード」、つまり小泉首相がよく言う「備えあれば憂いなし」にさせてはいけない、ということだ。
例えば、今盛んにテレビで騒いでいるのは「経済制裁せよ」である。
私は「経済制裁が成功した例はない」と反論したい。食料や燃料をストップさせても、国民は餓死するだろうが、金正日将軍は余裕の生活を続けるだろう。金正日将軍だけにピンポイントで「経済制裁」ができればやる意味があるが、実際にはそんなことは無理であるから、金正日将軍と、軍部、朝鮮労働党幹部は、今までどおり優雅な生活を続け、国民は塗炭の苦しみを強いられるだろう。
ジャーナリスト萩原遼氏によれば、「金正日は飢餓を、自分の独裁維持に利用した」とのことだ。つまり90年代半ばに北朝鮮が大洪水に見舞われた際、朝鮮北東部の反金正日の地域には国際支援物資を流通させないようにして、わざと食糧危機に追い込み、反将軍様の抵抗運動を、「根絶やし」にすることで独裁を維持してきた、との分析だ。
この分析は、おそらくはずれていない。ピョンヤンの映像がしばしば流れるが、ピョンヤン市民は飢えていない。つまりピョンヤンという首都は、将軍様に反旗を翻すグループはおらず、食料その他日常品は流通するようになっているのだと思う。将軍様が恐れているのは、将軍様の目が届きにくい地方の組織が「パルチザン的に」決起し、それが燎原の火のように広がって、ピョンヤンに伝染していく、ことではないか。
ルーマニアのチャウシェスクは、首都ではなく、地方都市からの反乱でやられてしまった。
もし今回の事件をキッカケに安易に経済制裁に走ると、経済制裁を口実に、金正日は自分に対する国民の怒りを、アメリカ、日本に向けることによって、さらに独裁を維持できるというシステムが出来上がってしまう。
イラクでもそうだったが、湾岸戦争後の経済制裁でフセインは倒れなかった。それどころか民衆は打倒アメリカ、フセイン支持に振れた。食料が来ないので、多くの子どもが死んでしまっただけに終わったのだ。
なぜこの時期に、北は「愚行」を敢行したのか?
アメリカがそうさせるように持って行ったのではないのか?
少なくとも、ミサイル防衛システムは、今後急速に進んでいくだろう。アメリカ方式だと10兆円産業。日本でも1兆円の予算で、「飛んできたミサイルを、ミサイルで打ち落とす」という曲芸のようなシステムに、多くの血税がつぎ込まれていくのだ。
レイセオン、ボーイング、三菱などは笑いが止まらないのではないか。国家予算が赤字に瀕している今、何兆円という仕事を受注できる。
自民党もニンマリだろう。米軍基地再編に3兆円もの税金を使い、あげく、そうした予算を消費税10%でまかなうべし、と考えている、小泉首相と、安部官房長官あたりは、「これで米軍基地再編も国民に納得させることができる」し、「自衛隊を自衛軍に」という世論形成も可能だ、と。
「プレスリー訪問」で世界中に失笑を買った小泉訪米であったが、その中で「新世紀の日米同盟」を宣言していた。「テロとの戦い」で明らかなように、アメリカは常に「仮想敵国」を求めている。日本はアジアでのパートナーとして「同盟軍」に育ってもらわねばならないので、北朝鮮はうってつけの「戦いに備える相手」ではないか。
憲法9条を変える準備が着々と進んでいるように感じる。憲法は国民投票を経ないと変えられないので、日本がその国民投票に臨む際に、また北朝鮮がなにやらやらかすのではないか。
私には金正日という独裁者が「軍備拡張というボール」をセンタリングし、アメリカと日本が共同して、「戦争」というゴールにボールを蹴りこんでいく、そんな構図に見えてならないのだ。

橋本元総理が亡くなられた。彼の業績を新聞、テレビは振り返っているが、今にして思えば、「アメリカ国債を売りたい衝動に駆られる」と発言したのが、総理転落の第一歩だったと思う。
当時は何のことか良くわからなかったのだが、アメリカ国債が持っている意味を考えれば、「なるほど」と合点がいく。
現在日本が所有するアメリカ国債は、70兆円とも言われる。「金利が高い」ので、大手銀行は中小業者に融資するより、アメリカ国債を購入する。財務省もアメリカ国債を大量に所有する。
しかしここで素朴な疑問が浮かぶ。「果たしてその国債、売って現金化できるのか?」
アメリカは今、巨大な双子の赤字に悩まされている。財政赤字と貿易赤字。そんな国は信用できないので、当然通貨ドルは下落していくだろう。
しかしドルはそれほど下がっていかない。日本と中国がせっせと「ドル買い介入」に入り、ドルを買い支えてきたからだ。
アメリカは国家予算の半分以上を国防費、つまり戦争に使う国であるし、消費大国で外国製品をどんどん消費していく国であるから、財政も貿易も赤字は拡大していく。
一方「ドル買い介入」で、せっせと買い支えたドルで、日本政府はアメリカ国債を購入する。結果、日本に流れ込んだドルが、アメリカの国債と交換され、ドルはアメリカに還流していく。
その結果、アメリカ政府には、キャッシュが手に入り、そのキャッシュでまた次なる戦争に突き進んでいく、という構図であると思うのだが、そう、橋本元総理が思わず口走ったように「アメリカ国債を売却すれば、財政再建に役立つ」のだ。
本来、純粋な国債の購入と売却であるから、自由であると思うのだが、あの発言をキッカケに、橋本元総理は総理総裁の座を転げ落ち、晩年は「日歯連」の不正献金(賄賂)で窮地に立たされる。
一方、小泉首相は、ヤクザとのつきあい、婦女暴行疑惑(そのためにイギリスに一時逃げていたといわれる)、学歴詐称(ロンドン大学卒などとされるが、そもそもロンドン大学がない)、新しいところでは「人生いろいろ、会社もいろいろ」で逃げた、年金未納疑惑、など、枚挙に暇がないのだが、決してそれらは重大問題にはならない。
アメリカに全面的に従うポチだから、だと思う。そのポチは、アメリカ奉公をしたご褒美に、プレスリー宅を訪問させてもらって、「ワンワンとはしゃいで」いた。
ギターを抱えたふりをして、プレスリーの物まねをする首相。米軍基地再編で3兆円も支出してあげる、「物分りの良いポチ」を苦笑しながら見守るブッシュ。なんという情けない映像。
こんな国を愛せ、と教育基本法は言う。
誰がこのような政府の言うことを聞くか!次の参議院選挙まで、あの「プレスリーの物まねをする忠犬」とそれを見て苦笑いするサル、の映像を脳裏に焼き付けておくべし!

このアーカイブについて

このページには、2006年7月以降に書かれたブログ記事のうちコラムカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはコラム: 2006年4月です。

次のアーカイブはコラム: 2006年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01