コラム: 2007年3月アーカイブ

昨日、高遠さんのコーディネートで、「イラクの空には何が見える」と題する講演会を企画した。イラク・ラマーディ市で、市民社会を再建する活動を続けるカーシム・トゥルキさんを迎えての講演会だ。
「カーシムが来るの。大阪で講演会を企画できない?」と高遠さんから電話があったのは、確か3月15日。カーシムの滞在期間はわずか2週間ということで、急遽開催の運びとなった。会場を貸していただいた保険医協会の皆さんに感謝。
カーシムからは、激戦地ラマーディの様子を詳しく聞くことができた。ラマーディ市は人口40万人くらいだが、この4年間で(少なく見積もって)約3万3千人ほどが米軍に殺されているという。40万人のうち3〜4割は故郷ラマーディを捨てて国内避難民になっている。20ある学校は全て米軍に占拠され、基地になっている。米兵たちは冬場暖を取るため、学校の机やいすを燃やしている。病院は米兵に包囲されているので、重傷者も病院へ行くことができない。米兵と武装勢力の間で銃撃戦が始まって、それに一般市民が巻き込まれ、重傷を負っても、人々は病院へ行かずに家に帰る。そこで出血多量で死んでも、死者数にカウントされない。実際、止血剤や応急手当がないため、出血多量で死ぬ人が多いという。
カーシムは「武装勢力は負の遺産」という。米兵との戦闘で肉親を失って武器を持って戦うイラク人が多いのだが、「それでは解決しない」と。戦闘が戦闘につながり、犠牲者の数が雪ダルマ式に増える。まさに今のイラクの状態であるが、彼によると「戦闘ではなく、そのエネルギーを病院や学校の再建に向けること」が大事だというのだ。
つまり9条の考え方である。日本から大量の机やいすをラマーディの学校に運ぶ際、ラマーディの武装勢力から「自衛隊を派兵している日本から?米軍関係の物資ではないだろうな?」と検問されたという。
そのたびに「政府からの援助ではない。日本の民間人からの人道支援だ」と説明して難を逃れたという。
昨日、政府は派兵を2年間延長すると決定した。私たちは声を大にして言わねばならない。
「日本政府と日本人は違う。多くの日本人は撤退を望んでいる」と。

このアーカイブについて

このページには、2007年3月以降に書かれたブログ記事のうちコラムカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはコラム: 2007年2月です。

次のアーカイブはコラム: 2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01