nishitani: 2009年5月アーカイブ

長らくこのブログを開店休業にしてしまった。「もう止めたのか?」「何してるんや?」などの叱咤激励を受けながらも、ズルズルと更新せずに2か月。イラクその他で取材しているときだけ更新される「季節ブログ」になりかけている。

そんなことではいけないので、「常にいろいろなことを発信したい」と夜に酒を飲みながら考える。DVDを製作した仲間たちと、「ブログもいいけどテレビもね」と盛り上がり、このたび「インターネットテレビ」という形で、映像発信に挑戦することになった。

http://move.b-fx.net/modules/cinemaru/movie.php?id=6 にアクセスいただければ、今年2月3月に取材したイラク映像が流れるので、みなさんのご意見を寄せてください。

今後の方向としては、私がイラクやパレスティナ、アフガンなどで撮影した映像を5~10分ほどに編集して、みなさんにご覧いただこうと思う。
イラクやアフガンだけではなく、例えば、「北朝鮮の核実験をどう考えるか」「沖縄の基地がグアムへ移転されるのに、なぜ日本の税金が使われるのか」「ソマリアへ慌てるように自衛隊を派兵したのはなぜ」などなど、外交・平和問題を中心に取り上げていきたい。

私の住んでいる大阪では橋下知事が人気のようだが、橋下知事の進める府政改革で、犠牲になっている人々にもスポットを当ててみたい。オバマ大統領をどう見るのか、などもテーマとして真摯な議論が必要だろう。もちろん、選挙になればマスコミは「自民か民主か」などと煽った報道をするだろうから、「2大政党制でいいの?」「第三極はできるか」なども取り上げるべきテーマだと思う。

昔は、一個人や小さなグループが情報を発信するには、機関紙を作るか、新聞に投書するか、街頭で訴えるか、口コミで広めるか、などなどであった。もちろん、機関紙も街頭宣伝も口コミも立派な伝達手段であるが、今やネットでテレビができる時代になった。
継続できるようがんばりたい。