nishitani: 2009年12月アーカイブ

早いもので今年も過ぎ去ろうとしている。アフガンから帰ってきて、バタバタと時間が加速度をつけて通り過ぎるような日々だった。いたずらに時間を費やしてきて、来年に自分が50歳を迎えるなんて想像もできない。織田信長の時代なら、もう「私の人生最終章」、白組の北島三郎が歌っている時間ではないか。
ラッキーなことに今は21世紀であるので、まだもう少しがんばれそうである。

来年早々1月6日から4度目のアフガンに旅立つ。旅の模様はこのブログにて報告していくつもり。現地の通訳イブラヒームの情報によると、カンダハールの私が宿泊したホテルの近辺で銃撃戦があった様子。治安は悪化しているのだろうか?

国際赤十字から派遣されている看護師の伊藤さんによれば、アッサンビビちゃんは、もう退院したとのこと。やけどの症状が良くなったからであればいいのだが、「金が続かない」とか「新しい入院患者で病床がいっぱいになった」などでなければいいのだが…。
帰国は20日ごろの予定で、帰国後に「戦争アカンシリーズNO3 オバマの戦争」を出版する予定である。原稿もまだそろっていないのに題名だけ決めている(笑)。

イラクに続きアフガンにも「守備範囲」を広げたので、来年もきっとバタバタと過ごしてしまうだろう。しかし本やDVDにして記録していくことは、絶対に続けて行きたいので、みなさん来年もよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。