nishitani: 2014年1月アーカイブ

バグダッド在住のイサームから1月12日に届いたメールです
Dear nishi san
Good to hear from friend
My country failing down and today is worst than yesterday . 
Iraqi shitte governement are very very sectarean and they target sunni people everyday by killing , arresting, turturing , and want to make all sunni displace that way falluja and ramadi and mosul now are fighting against this sectarian army and sectarian gov 
And do NOT believe the mass media or us media because there is no qaida and terrorrest in falluja , its control by iraqi honest people 
I tried to go to falluja to report from there but the sectarian iraqi army tried to arrest me .
And I guess the next time iraqi sectarian army will target my area and I try to find place tp save my family and my people .
Keep in touch my friend and say hello tp yoyr wife from me
Isam

親愛なる西谷さん、メールありがとう。私の国は崩壊しつつある。今日は昨日よりも悪くなっていく。イラクのシーア派政府は、とても原理主義的で、彼らはスンニ派住民を毎日のように虐殺、逮捕、拷問している。そしてスンニ派を追い出そうとしている。だから、ファルージャ、ラマーディー、モスル(スンニ派の多い都市)は、シーア派原理主義の軍隊、および政府と地域住民の戦闘となっている。
大手メディア、米国発の報道を信じないでほしい。こちらにはアルカイダやテロリストなどはいないし、イラクの真っ当な住民が(ファルージャなどを)コントロールできている。私はファルージャに行って、真相をレポートしようとしたが、イラク政府軍が私を逮捕しようとしたので無理だった。政府軍はおそらく次に私の街を襲ってくるだろう。私は家族と地区の人々を安全な場所に移さねばならない。連絡を取り合おう。
イサーム・ラシード
2 こちらが、1月14日に届いた最新メール
Dear nishi san
As l told u .Iraqi sectarian gov with Iran gov are both shitte and they have a spcial propoganda against sunni in iraq and they have plan to attacket sunni people and work together to destroy all sunni society in Iraq and Iran gov asked now Usa gov to help them to do that (to target sunni) and iran can help US gov in Syria file 
So Iran and usa gov work to help each other now iran help us in syria and us help iran and iraqi gov in iraq , that why you see us gov do not say the truth about iraq , they always say this is quada control in falluja and also they decided to send war plan to iraqi gov to destroy falluja people .
I wish its became clear to you whats going on in falluja and ramadi . 
And they are under sanction and iraqi gov did not let to any food or humanitarian aid to get in to falluja and ramadi and many kid and women dead every day because this unjustice word 
Respect to u and to your help to iraqi honest people .
Isam

親愛なる西谷さん。私が先のメールで述べたように、イラクシーア派政府軍はイラン政府とつながっている。彼らは、イラクのスンニ派の特別なネガティブキャンペーンを張っている。イラン&イラク政府軍は、スンニ派住民を攻撃し、スンニ派の社会基盤を壊そうとしている。イラン政府は今や米国に協力を求めて、スンニ派への攻撃を認めるように依頼している。そしてイラン政府は米国と協力し、シリアでも同様(スンニ派攻撃)の戦闘を行っている。
そう、今やイランと米国は協力関係にあり、イランはシリアで米国を助け、米国はイラクで、イランとイラク政府を助けているのだ。だから米国はイラクでの本当の出来事を報道しない。彼らはいつも、ファルージャをコントロールしているのはアルカイダだと言う。そして米国はイラク政府軍がファルージャに進駐するのを認めるのだ。
このメールで、ファルージャやラマーディーの事態が飲み込めたでしょうか?
この両都市は、今も経済制裁の状況下にある。イラク政府は、2つの都市に食料は人道支援物資が届かないようにしている。この理不尽な仕打ちのために、多くの子どもと女性が日々亡くなっている。
あなたとあなたの支援を期待する。どうか、イラクの普通の真っ当な人々を助けてほしい。
イサーム。

みなさんは、この証言メールを読んでどう思われるだろうか?現在の大メディアは「米国とイランは敵対関係にある」と報道している。いわばこの「常識」を疑え、とイサームのメールは告げている。1988年に「イラン・コントラ事件」があった。イスラム原理主義者として、米国が口汚くののしっていたホメイニ師に、なんと米国の武器が流入していたという一大スキャンダルだった。イラクのフセインも、80年代は米国の武器で戦っていた。911事件後、アルカイダは超有名な組織になったが、「ビンラディンは元々米国のCIAがアフガンに送り込んだ「イスラム戦士」だった」ということはあまり報道されていない。
キーワードは「テロとの戦い」だ。戦争を続けるために、なんという便利な言葉。シリアのアサド政権も、米国も、イランも、ロシアも「テロとの戦い」を演じることによって、戦争を正当化し、自らの政権運営も正当化できる。その影で、例えば民間軍事会社が儲かる。テロリストがいる⇒治安が悪い⇒要人を保護しなければならない。もちろん軍産複合体は空前のボロ儲けができる。政治家とマスコミが尖閣諸島の緊張を煽ることで、オスプレイやF35が売れる。ちなみにオスプレイは、米国では1機50数億円なのに、日本の自衛隊が購入すると1機100億円だ。約40億円も、日本は高値で買わされる。間に入っているのは、三井物産だそうだ。「これでは『貢ぐ物産』だね」。詩人のアーサービナードさんが、皮肉っていた。
戦争と原発の背後に莫大な利権あり。騙されてはいけない。2月2日(日)午後1時半より、講演会「戦争と原発はつながっている」を開催する。京都大学の小出裕章さんが原発を、私が戦争の報告をする予定。場所は大阪天満橋のエル大阪エルシアター。関西地方のみなさん、日程合えば聞きにきてください。

このアーカイブについて

このページには、nishitani2014年1月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはnishitani: 2013年12月です。

次のアーカイブはnishitani: 2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01