nishitani: 2014年7月アーカイブ

バグダッド、スンニ派地区に住むイサームから現在の混沌とした状況を分析するメールが届いた。「スンニ派狩り」とでもいうべき、イラクのマリキ政権が取った虐殺行為と、アルカイダ系ISIS(イラク、シリアのイスラム国)は、水面下で結託しているとの分析である。以下、原文と試訳を掲載する。


Iraq the hidden Story
After the revolution led by Sunni tribes and control the city of Mosul(400 km) north Baghdad , Al Qaeda took advantage of this Sunnis tragic situation in Iraq and they tried to be a part of the revolution, which for them (al-Qaida) the right time in order to return to the forefront slowly again,

イラクの隠されたストーリー
イラク北部、モスルにおけるスンニ派部族に指導された革命と制圧の後、アルカイダが(ISISのこと)イラクの悲惨な状況に一歩先んじて乗り出してきた。彼らISISは、革命部隊の一部を構成し、その前線に再び立とうと企てた。

but Sunni tribes rejected their presence several times and refused to deal with them because they know that al Qaeda will bring the devastation and destruction to Iraq again as they did in 2006 and 2007

しかしスンニ派部族長たちは、ISISの存在も彼らとの取引も拒否してきた。なぜなら、部族長たちは2006年、07年にアルカイダがイラクで行ったこと、つまり彼らがもたらす国土の荒廃と破壊を知っているからだ。

and the leaders of the revolutionary tribes such as( Mr. Sheikh Ali Hatem) confirmed that they will not allow to Al-Qaeda to control the Sunni areas because they(Iraqi people) reject terrorism and terrorists , and he also said:

そしてこの革命の指導者、例えば「シェイク・アリ・ハーテム」のような人物は、アルカイダがスンニ派地域をコントロールすることを許さない。イラク人たちはテロリズムもテロリストも拒否しているからだ。そして彼は言う。

Revolution in Iraq against the injustice and its came to return rights to Sunni people in Iraq and we are against terrorism and we (Hatim says) were the first people fought against terrorism and al-Qaeda in the city of Ramadi and Fallujah in 2007 .

不正義に対してイラクで革命が起こり、その結果、イラクのスンニ派の人々の人権が守られるようになった。私たちはテロリズムに反対しているし、ハーティムが言うところの、我々は07年にラマーディーやファルージャで、アルカイダと闘った最初の人民なのだ。

If we follow the violent in middle east we will find Al-Qaeda Always appear in a surprise exploited peoples oppressed by dictatorial regimes and ensure their loyalty under the pretext of helping them in the elimination of these governments but in fact (Al-Qaeda) appear only to save and protect the regimes loyal to Iran as what happened now at this time Al- Qaeda appear to fight the forces of moderation in Syria and Iraq and always the innocent people are the biggest loser because they were targeted by dictatorial regimes and then they targeted by Al Qaeda .

もし私たちが中東での暴力を容認するなら、アルカイダは常に現れる。独裁政治を敷くことで、人々を不当に抑圧し、イラク現政権を打倒するために人々を助けてあげるという口実のもとに、人々に忠誠を誓わせる。しかし実は、アルカイダは、イランの態勢を守るためだけにやってきている。現実には、アルカイダは、シリアやイラクの安定をめざして闘っている部隊を攻撃している。その結果、無実の人々が、現在の独裁政権とアルカイダ双方から狙われている。

When we see the weapons possessed by Al-Qaeda, we become sure they have a substantial financial support fight the forces of opposition in Syria, as well as there are signs of the emergence of the same conflict in Iraq, where the al-Qaida will fight against the revolutionary tribes in the future to serve Iran, which supported and supports terrorism in many countries in the region such as Iraq, Syria, Yemen, Bahrain and Lebanon in the Middle East in an attempt to control the entire Middle East region .

アルカイダの持っている武器を見ると、シリアで彼らと戦っている相手陣営から財政支援を受けているのが、見えてくる。同じように、イラクでの紛争でも、同様の兆候が見える。革命のため奮闘する部族に対して、アルカイダが攻撃をかけてくるのは、将来的にはイランのためになる。そして、このことは、イラク、シリア、イエメン、バーレーン、レバノンなど中東でのテロリズムを支援することにつながる。中東全体をコントロールするために。

So now everything became clear (Iran and Al-Qaeda ) is the same and work together against Sunni People in middle east .

今や全てが明白になった。イランとアルカイダは、中東のスンニ派住民をターゲットにして、戦いを進めているのだ。

このアーカイブについて

このページには、nishitani2014年7月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはnishitani: 2014年6月です。

次のアーカイブはnishitani: 2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01